戸隠神社とは・・・
  奥社(本社)・中社・宝光社・火之御子社・九頭龍社の
  5社から成り、天の岩戸開神話に御功績のあった
  神々を中心にお祀りしております。
  御祈祷などを執り行っている中心的なお社は
  奥社・中社・宝光社で、全体を統括している社務所は
  中社に置かれております。

  各種祈祷・神前結婚式等を執り行うとともに、10万人を
  超える「戸隠講」の講員のみなさまにご参拝いただいて
  おります。
  特徴的なものに奥社・中社・宝光社でお引きしている
  御神籤文があります

  奥社 戸隠神社のご本社 約2キロの参道途中からの樹齢400年を越える
                   杉並木は圧巻です。ここを歩くと、戸隠神社の深く、長い
                   信仰の歴史を感じていただけます
                   御祈祷・おみくじ・御朱印・守札受け付けております

 
 中社 樹齢800年の三本杉・河鍋暁斎の「幻の龍の天井絵」
                   戸隠神社の中心的お社です。
                   御祈祷・神前結婚式・おみくじ・御朱印・守札受け付けております
                   中社のみの頒布となる天井絵を織り込んだお守りがあります
                   お水取りの場所としても人気があります。

  
宝光社 神仏混合時代の寺院式建築を残す社殿
                   杉の古木の中、約270段の階段を登ると出会う、荘厳な社殿
                   安産の神様として、ご参拝の多いお社です

                   
社殿脇より、中社・奥社方面へ「戸隠古道」(神道)が続いております
                   
御祈祷・おみくじ・御朱印・守札受け付けております
  
火之御子社 舞楽・芸能上達・縁結の神「天鈿女命」をお祀りする
                   中社社殿より数百メートル南、火之御子社での芸能上達の祈祷・お守りは
                   中社へお問い合わせください。駐車上は車道沿いに3台分ございます。
                   近年は芸能の道を志す方のご参拝が多いです。御朱印は中社にて。
  九頭龍社 水の神・虫歯の神・縁結の神として全国に知られる九頭龍大神をお祀りする
                   独特な信仰のお社として全国より多くのご参拝の方をお迎えしております
                   御祈祷・御朱印・守札は奥社社務所にて承っております




 神社参拝 & 戸隠神社 Q&A
こちらでは神社参拝・戸隠神社について寄せられる質問をQ&A形式にてまとめてみました

Q 戸隠神社5社の巡拝は日帰りでも可能でしょうか?
A 戸隠到着のお時間また帰りのお時間にもよりますが基本的には可能です。
  ただ、戸隠には宿坊旅館をはじめとして、たくさんの宿泊施設もございます。戸隠時を充実したものに
  していただくには、宿泊をされ、ゆっくり戸隠を周られることをお勧めします。


Q 戸隠神社5社の最寄りのバス停は?
A 奥社(おくしゃ)・・・奥社入口   九頭龍社(くずりゅうしゃ)・・・奥社入口
  中社(ちゅうしゃ)・・・中社宮前  火之御子社(ひのみこしゃ)・・・戸隠営業所(場所は中社になります)
  宝光社(ほうこうしゃ)・・・宝光社宮前


Q 奥社参道は2キロあると聞きましたが、道はどんな感じですか?
A 基本的にはお子様・高齢の方でも奥社まで登ることはできると思います。
  約2キロを35分ほどかけて歩きます。
  参道は大体こんな感じ・・・・・最初の約1キロ(朱塗りの随神門まで)は緩やかに上りとなります。
                    このあたりまでは爽やかに歩けます。
  杉並木から約500メートルの間・・・・・少し道が歩きにくくなります。まだまだ上りはきつくありません。
                         杉並木が疲れを吸い取ってくれるようです。
  奥社社殿までの残りの500メートル・・・・・いよいよ上りです。大きめに組まれた自然石の階段が
                            現れます。きつくなりますがあと少しがんばりましょう!
  全体として靴はスニーカーが一番望ましいです、通常の参拝でしたらしっかりした登山靴も
  あまりおすすめではありません。ハイヒール等でも登拝は可能ですが、上りよりむしろ下りが危険です。
  到着しましたら手水舎の水が飲めますので一息、落ち着いてから参拝しましょう。

Q お守りはいろいろな神社の物を持つと神様が喧嘩すると聞いたことがありますが?
A そのようなことはありません。ただ、いろいろなお宮さんで受けられたお守りやお札はどれも平等
  日々、感謝の気持ちをもって大切にお持ち下さい。特定のお守りだけ粗末に扱うようなことは避けましょう。


Q 旅行先の神社でお守りを受けました。遠方で、1年後に返しに行く事ができない場合はどうすれば?
A 1年後、お近くの社寺の古守札納所にお返しください。授与所窓口にて預かってくれる社寺もあります。
  また、お焚き上げしても環境に害のないものでしたら、地域の火祭り・どんど焼き等で焼納しても構いません
  どうしても、受けた神社に返したい場合は、郵送等でお送りください。
とっぷ / ご挨拶 / お料理 / お部屋 / 施設 / 料金 / ご会食 / ご予約 / あくせす / 周辺案内
〒381-4101   長野県長野市戸隠2351
Tel /026-254-3044 fax /026-254-2050

Copyright (C) FUKUOKARYOKAN. All rights reserved